アフリカコノハズク【ヌメ革染色】

アフリカコノハズクを染色しました。

今回染色したのは、アフリカコノハズクです。

オーダーメイドのご依頼で、染色!

今は仮で目を入れていますが、実際はもう少し赤い目をしています。

いい感じの眼が販売されているのを見つけたので、制作の際はそれを使おうと思っています。

足をどう表現するか、が今後の課題ですね。

いつか鱗感と爪感の鋭さをもっと出したい、、、!

アフリカコノハズクの特徴

シュッ!驚くと細くなるアフリカオオコノハズクって知ってる? | トリカゴネット|いろんな鳥の動画像 (toricago.net)

写真は、上記サイトからお借りしています。

アフリカコノハズクといえば、この、枝のなりきり!

細く枝になりきることで、身を隠すそうです😂

ホネ部で鳥を解剖して思うのは、本当に体が小さい、、、!ということ。

羽毛は空気を取り込む力がすごくて、何倍にも大きく見えます。

(だから人間もたくさん利用させてもらってるんですよね)

骨格標本だけを見ると、骨から鳥のシルエットは絶対想像できません。

なんていうのは、川上和人先生の『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』の受け売りです。

面白くて読みやすく手て強になる本なので、ぜひ!

鳥は恐竜、恐竜は鳥・・・

子ども科学電話相談ではおなじみの、鳥と恐竜のやり取り。

私は羽も好きですが、やっぱり足のうろこも大好きなのです。

恐竜を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA